アイスダンス 高橋大輔&村元哉中 組、NHK杯を終えて【2020 NHK杯】

NHK杯 エキシビション かなだい

https://www.tv-tokyo.co.jp/sports/articles/2020/11/015344.html

出典元:テレビ東京スポーツ

こんにちは、七夜星です。
2020 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会が終わってしまいました。
私はテレビでの視聴でしたが、会場に行かれた方はお疲れ様でした。

今回は各メディアでアイスダンスが取り上げられました。

アイスダンスデビューの髙橋大輔 ロマンチックな演技を披露<NHK杯 エキシビジョン>|テレビ東京スポーツ:テレビ東京

村元哉中&高橋大輔 写真:西村尚己/アフロスポーツ フィギュアスケートGPシリーズ最終戦・NHK杯のエキシビジョンが29日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行なわれた。この大会、村元哉中(27)とのカップルでアイスダンスデビューを果たした高橋大輔(34)。結果は悔しい3位に終わったが確かな一歩を踏み出した。そして、一夜明けた29日、男女のデュエット曲に合せてカップルを組む村元とロマンチックな演技を披露。2022年北京オリンピックという大きな目標を見据え次なる挑戦は12月の全日本選手権。 …

【フィギュアNHK杯】高橋大輔 アイスダンス転向で味わった「苦労」と「充実」 | 東スポのフィギュアに関するニュースを掲載検索

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪男子シングル銅メダルの高橋大輔(34=関大KFSC)のスケート人生第2章が幕を開けた。  28日に閉幕したNHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)で平昌五輪代表・…

↓ 2020 NHK杯についてはこちら

2020 NHK杯 国際フィギュアスケート競技大会

「2020 NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」の大会公式ホームページ。大会概要・出場予定選手・チケット購入方法などご案内します。

まるで少女漫画のワンシーンのよう♡

さて、今回は好きなスケーターである高橋大輔さんのアイスダンスデビューということで視聴致しましたが、アイスダンスのことをよく知らないので改めてルールを調べてみました。

ペアとアイスダンスの違い

ペアもアイスダンスも男女1組で滑走するフィギュアスケートです。

ペアは、シングルの技術を基礎とし、ペア独自の要素であるリフト、スロージャンプ、デススパイラルなどが加わります。

それに対しアイスダンスは、1回転半以上のジャンプや、男性が女性を自分の頭より上にあげるリフトなどは禁止されています。その代わり、基本的に男女が離れずに演技し、男女が同じ演技をするユニゾン、そして正確なエッジ・ターンの技術が必要です。

またアイスダンスは、ショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)ではなく、
リズムダンス(RD)とフリーダンス(FD)を滑走します。

ここも大きな違いと言えるでしょう。

リズムダンス(RD)とフリーダンス(FD)

リズムダンス

演技時間:2分50秒±10秒
シーズン毎に指定されるリズムとテーマに合わせ、規定要素が含まれたプログラムを滑走する。
2020/21シーズンはCovid-19の影響により、リズム・テーマ・必須エレメントは昨季のまま継続。

リズム

ミュージカルおよび/またはオペレッタの楽曲を使用し、
以下のリズムからひとつ:

クイックステップ、ブルース、マーチ、ポルカ、フォックストロット、スウィング、チャールストン、ワルツ
必須エレメンツ
<パターンダンスエレメンツ>
  • フィンステップを、以下のいずれかのリズムで:クイックステップ、チャールストン、スウィング
    ステップは1番〜33番
  • パターンダンスタイプステップシークエンスを、フィンステップで選んだものと同じリズム・テンポで。曲は違っても良い
    ステップ33番を終えた直後から
<ダンスリフト>
  • ショートリフト:最大1回、7秒以内
<ステップシークエンス>
  • 1回、ホールドあり、またはノットタッチ(非接触)、または両方のコンビネーションで(スタイルB)

※パターンダンスエレメンツとは異なるリズムを選ぶこと
※パターンはミッドラインまたはダイアゴナルのみ選択可
※以下は禁止:逆行、ループ、腕2本分伸ばした距離以上に離れること、両腕を完全に伸ばしきった状態でのハンド・イン・ハンドホールド
※ストップは1回まで、5秒以内

<シークエンシャルツイズル>
  • 1セット

※少なくとも両パートナーいずれもがツイズルを2回行う
※2つのツイズルの間に差し込みが許可されるのは1ステップまで(プッシュや両足での体重移動はステップとみなす)
※ツイズル中の接触は許されない

フリーダンス

演技時間:4分±10秒
自由なリズムで構成されたプログラム。 リフト、ダンススピン、ステップシークエンス、シンクロナイズドツイズルなどの規定された要素を使用し、バランスの良いプログラムを滑走すること。

必須エレメンツ
a)ダンスリフト

異なるタイプのショートリフト3回
またはショートリフト1回とコンビネーションリフト1回
※ショートリフト:7秒以内、ステーショナルリフト、ストレートラインリフト、カーブリフト、ロテーショナルリフト
※コンビネーションリフト:12秒以内、異なるショートリフトを組み合わせたもの

b)ダンススピン

スピン または コンビネーションスピン1回

c) ステップシークエンス

ステップシークエンス スタイルB(ホールドあり)1回
※逆行は1回のみ、音楽の2小節を超えてはならない
※禁止事項:ストップ、ループ、完全に腕を伸ばしきったハンドインハンドホールド、
5秒以上の両腕間隔を超えたセパレーション
ワンフットステップシークエンス、ノットタッチ(非接触)1回
※両パートナーそれぞれが片足でターンを行う。最初のターンは同時に行うこと
※ワンフットステップシークエンスは男女それぞれの基礎値で判定し、GOEは1つの単位として評価する

d)シンクロナイズドツイズル

シンクロナイズドツイズルを1セット(FDバリエーション)
※両パートナーが少なくとも2回のツイズルを行う
※2つのツイズルの間に2〜4歩のステップを挟むこと
※2つのツイズルの間のどこかしらで両パートナーは接触すること
※男女それぞれの基礎点で判定し、GOEは1つの単位として評価する

e) コレオグラフィックエレメンツ

異なるコレオグラフィックエレメンツを3回
以下の5つの中から選択

  • コレオグラフィックリフト:3秒以上10秒以内、ダンスリフトの必須規程要素を終了後に実施
  • コレオグラフィックスピニングムーブメント:ホールドして最少2回転
  • コレオグラフィックツイズリングムーブメント:ツイズル必須規程要素を終了後に実施、2つのパートから構成されるもの
  • コレオグラフィックスライディングムーブメント:両パートナーが制御されたスライディング動作を氷上で実施
  • コレオグラフィックキャラクターステップシークエンス:ショートアクシス横断、氷を手で触れても良い、最大4m離れても良い

参照元:Jsports 競技解説 2020-2021
『ウィキペディア』アイスダンス

アイスダンスの違いとは

ほぼ素人なので、ここまで書いててもなんとなくでしかわからないのですが、それでもシングル・ペアとは明確に違う点があることがわかります。
リズムダンスでは、同じリズム・テーマ(クイックステップ、マーチ、ワルツ、など)で滑走することです。

リズムとは、『辞典・百科事典の検索サービス – Weblio辞書』では下記のように定義されています。

リズム【rhythm】
1 強弱・明暗・遅速などの周期的な反復。「生活のリズムが狂う」
2 音楽の基本的要素の一つで、音の時間的な変化の構造。アクセントが規則的に反復する拍節的リズム、アクセントの継起が不規則な定量リズム、音の長さに一定の単位をもたない自由リズムなどに分類される。「リズムに乗って踊る」
3 詩の韻律。
引用元:『辞典・百科事典の検索サービス – Weblio辞書』

同じテーマのリズムを滑走することによって、男女が同じ演技をするユニゾン、そして正確なエッジ・ターンの技術を競い合うのだと思います。

全日本でもアイスダンスに注目!

今回NHK杯では、村元哉中&高橋大輔選手は2位と僅差の3位でした。
観ていて、まだリフトの時にかなちゃんを支える手がぎこちなかったりしますが…。(そりゃ、落としたら大変です!)
でも本格的にアイスダンスの練習を始めたのは、今年2020年1月です。
シングルとは違うスケート靴・筋力を使いますので、この短期間で、よくぞここまで仕上げてきたと思います。(上から目線ですみません。。。)
そんな村元哉中&高橋大輔選手から小松原美里&ティム・コレト選手もいい刺激を受けるのではないでしょうか?

12月はいよいよ全日本フィギュアスケート選手権です!
村元哉中&高橋大輔選手がどこまで伸びてくるか、そして迎える全日本前王者の小松原美里&ティム・コレト選手!!
今年の全日本フィギュアスケート選手権は、アイスダンスからも目が離せません!!

スポンサーリンク